ホーム > あはき師の方へ > 京マ会の活動について

京マ会の活動について

事業方針

  現代において「自分の健康は自分で守る」と考えておられる方は多いと思います。
 その願いをかなえるために、あはき施術を通して行おうと意欲にあふれた施術者が集まった会です。また、あはきという素晴らしい技術を諸先輩から継承し、発展させ、次の世代に引きつぐことが本会の使命と考えています。
 この使命を達成するため「活動の5本柱」を掲げ、会員が一丸となって行動する会を目指しています。

活動の5本柱

 ① 知識・技術の研鑽
 ② 後進の育成
 ③ 職域の拡大と確保
 ④ 視覚障害者のあはき業を擁護
 ⑤ あはき業を通じての社会貢献

事業内容

本会では、活動目標を達成するため、次の事業を行っています。

①研修事業

会員の技術向上を目的に3種類の研修会を開催します。

基礎研修会:卒後免許取得1~3年のあはき師を対象に臨床に必要な基本知識や技術を研修するための研修会です。

ステップアップ研修会:臨床経験を3年程度経たあはき師を対象に現職の治療技術の更なる向上を図るための小グループで行う講師からの実技指導が基本の研修会です。

独自研修会:京マ会独自で企画立案する研修会で、あはき師の様々な職域に対応して治療技術の向上を図るための専門性や新たな技術を創造するための研修会です。 *研修会情報は[こちら] をご覧ください。

②相談支援事業

求職、開業を考えている会員の相談を受けます。

③情報提供事業

ホームページやメーリングリストを通して、京マ会会員の施術所やあはき関係の最新情報提供をします。
施術所情報は[こちら] をご覧ください。

④社会貢献事業

京都マラソンやイベントなどでのマッサージボランティアなどを通して社会貢献を行います。

⑤その他

本会独自の活動を、積極的に行っていきます。

組織概要

本会は、各事業を円滑に運営するため次の4部門で、構成されています。

①事務局

職務:庶務、文書管理、会計

②総務部

職務:定時総会・理事会等の開催、相談支援

③学術部

職務:研修会の企画実施

④広報部

職務:あはき関係の情報提供、啓発活動、ホームページ管理、会員用メーリングリストの管理

役員名簿

監事竹下 義樹、田尻 彰 
会長武 秀樹
副会長稲垣 拓朗、重田 裕之、長谷川 芳孝 
事務局長新子 義則
理事鬼塚 雅子、小西 保英、谷村 博子、供田 彰、
中村 義弘、濱上 薫、森田 洋一、松本 行治、
山田 哲生

相談役

佐藤 嘉修
支援員今井 敏博