ホーム > あはき師の方へ > トピックス > 2021年度 定期総会を開催しました。
Release: 2021/06/27 Update: 2021/06/27

2021年度 定期総会を開催しました。

本会の総会が、以下の内容で開催された事を、ご報告します。

日時: 2021年6月20日 10時~12時
場所: 京都ライトハウス研修室2(京都市北区紫野花ノ坊町11)
出席: 正会員数 45名(内:会場出席者数 11名、ズーム出席者数 5名、委任状出席者数 29名)

本会の正会員数は65名であり、総務部長長谷川芳孝氏は、本日の総会は正会員総数の2分の1以上の出席があったので有効に成立した旨を告げ、総合司会の理事山田哲生氏が総会の開会を告げた。
これにより、以下の議案を審議した。

●審議事項

第1号議案 2020年度事業報告書(案)の件
第2号議案 2020年度決算書(案)の件
第3号議案 監査報告の件
第4号議案 理事の改選および退任の件
第5号議案 規定の追加の件
第6号議案 2021年度事業計画書承認の件
第7号議案 2021年度予算書承認の件
第8号議案 議事録署名人選任の件

 

●議事の経過の概要および決議の結果

議長には定款の定めにより、会長である武 秀樹氏が議長席につき、一般社団法人京都府あん摩マツサージ指圧師会の総会の開会を宣言し、議事に入った。

第1号議案 議長は、2020年度事業報告書(案)について、各部局長に各々説明を求め、その承認を全員に諮ったところ、全員異議なくこれを承認し、本案は賛成者45名をもって可決された。

第2号議案 議長は、2020年度決算書(案)について、事務局長に説明を求め、その承認を全員に諮ったところ、全員異議なくこれを承認し、本案は賛成者45名もって可決された。

第3号議案 議長は、監事竹下義樹氏、監事田尻彰氏による2020年度の監査報告書を事務局長に代読を求め、監事田尻彰氏に追加提言を求め、その承認を全員に諮ったところ、全員異議なくこれを承認し、本案は賛成者45名をもって可決された。

第4号議案 議長は、監事について中西祥子氏の退任および田尻彰氏、竹下義樹氏の留任ならびに理事については全員の留任を提案し、その際副会長兼学術部長を松本行治氏から重田裕之氏に交代することを告げ、その承認を全員に諮ったところ、全員異議なくこれを承認し、本案は賛成者45名もって可決された。

第5号議案 議長は、本会の細則となる「互助規定」、「保険会規定」について、事務局長の朗読による提案をし、その承認を全員に諮ったところ、総務部長の長谷川芳孝氏の提案により、1.開業祝:会員が施術所を開業した時は、1年を経た者に祝い金5.000円をおくる。と改められた。その他の項目については全員異議なくこれを承認し、本案は賛成者45名もって可決された。

第6号議案 議長は、2021年度事業計画書について、各部局長に各々説明を求め、その承認を全員に諮ったところ、全員異議なくこれを承認し、本案は賛成者45名をもって可決された。

第7号議案 議長は、2021年度予算書について、事務局長に説明を求め、その承認を全員に諮ったところ、全員異議なくこれを承認し、本案は賛成者45名もって可決された。

第8号議案 議事録署名人について、議長から本日出席の中村義弘氏と森田洋一氏の2名を指名したところ、全員意義なく承認し、本案は賛成者45名をもって可決された。

●その他
会場出席者から、拠点作りの経緯について質問があり、議長である武秀樹会長が、篤志家による寄付金の話が白紙となったため、借入してまで進めることは難しいとの結論に至り、拠点作りは振出しに戻ったことと、今後も引き続き取り組むことを説明した。
ズーム出席者から、研修会を動画撮影し配信してはとの提案があり、議長である武秀樹会長は、技術的な問題もあり検討したいと返答した。

議長は、以上をもって一般社団法人京都府あん摩マツサージ指圧師会の総会に関するすべての議事を終了した旨を述べ、閉会を宣した。

HOME